独りよがりな『つぶやき』

アウターバンド

投稿日:

アウターバンドとは

台風の中心(台風の目)に向かって巻き込むように螺旋状に分布するスパイラルバンドとよばれる降雨帯のうち、中心から200キロメートル~600キロメートル付近にあるもの。

これより内側はインナーバンドとよばれる。いずれも激しい雨が連続的に降る。外側降雨帯。

台風の被害ヤバイですね、今回の台風5号での被害もビックリしました。

まだ、台風が去ったわけではありませんが、被害に会われた方は大変だったでしょう。

 

近年の災害の規模、被害が尋常ではなく他人事ではありませんね。

北朝鮮のミサイルも怖いし‼

単純に怯えるだけの生活が続くという話だけではなく、備えやリスクに対する再認識も大事だと思います。

台風が来るという予報で危険を察知しているのならば、予定していた旅行等も大変残念ですがキャンセル!

現在危険だと言われている場所には近づかない!

当たり前のことなんでしょうが自分は大丈夫だろう 仕事だから 前から予定していたから・・・

様々な理由があっても いま一人ひとりの危険に対する認識を持ち直すべきではないかなと思います。

結果、誰かの助けや救助等によって助けられるような事もありますが

それらも時には命がけで助けに行くこともあるのですからね。

予期せぬ災難、テロなんかも近年では恐怖の代名詞になっていますが

そのような事態に対しての対策や救助にこそ力を注いで頂きたいという願望なのかもしれません

それは個々だけの力では防ぎようのない事態があるからですね。

話は台風に戻りますが、今回の台風5号で「アウターバンド」にも気を付けて下さいという事でしたが

アナタはアウターバンドという言葉や意味をご存知でしたでしょうか?

私は初でした!

台風とは、回転する巨大な空気の渦巻きです。下層では反時計回りに中心に向かって空気が吹き込みながら上昇し、上層で時計回りに噴出しています。

簡単な説明ですが、このような台風が発生する現象にて反時計回りに渦巻く台風の目下部の温度は低く

水蒸気を大量に含む熱量の高い台風との温度差からアウターバンドが発生するとのことです。

ですので台風の目を気象図にて確認をし危険を確認する際には、このような知識も必要なのでしょうね

ちなみに!台風は右側の方が風・雨の被害が強いというのも有名ですよね。

"GCDxbSH8jif40spNG6cOpkthR2E9747FoEEmLVtNy6A"

Copyright© ペロンの部屋 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.